おたくブログ

アイドルと日常

RedVelvetと「アメリカン」と大量生産の少女たち

 

こんにちは。

今回は私の1番すきなガールズグループの一つ、Redvelvetについて書きたいと思います。

 

彼女たちは2014年8月、「happiness」という楽曲でアイリーン、スルギ、ウェンディ、ジョイの4人組でデビューしました。その後2015年3月新メンバーイェリを加え現在に至るまで5人組として活動しています。

 

Red Velvetというグループ名の由来は,

「強烈で魅惑的な色である赤(レッド)と、女性らしくて柔らかい感じのベルベットのイメージのように、色があり洗練された音楽とパフォーマンスで全世界を魅了する」(Wikipediaより)

だそうです。 

 

さてそのRedVelvetですが個人的に、最近はまだしもデビュー〜ICCくらいまでは全く見分けがつきませんでした。おそらくそういう人は私の他にも多いんじゃないでしょうか。

 

同じ髪型、同じメイク、同じ髪色、同じ服、正直アイドル一人一人の個性が必要とされてくるアイドルシーンでこれはアリなのか?とも思いました。

 

しかし私はその『没個性』こそがRedVelvetの1番の個性であり、また伝えたいことだと思うのです。

 

個人的にRedVelvetのカムバックの際のコンセプトは「1920〜60年代アメリカ」をモチーフとしていることが多いと感じています。一般的にアメリカにおけるこの約40年間は「パクス=アメリカーナ(アメリカの平和)」と呼ばれています。

 

ざっとこの時代のアメリカについて説明しますと、1914年から始まり4年間にも及んだ第一次世界大戦がようやく終結し、世界各国が戦争がもたらした多くの被害、またそれによる財政難に苦しむ中合衆国は参戦期間が短く国土が戦場になることもなく、また連合国に軍需物資を輸出したことによって大きく経済発展を遂げていました。

 

私たちが想像するいわゆる「アメリカン」なものもこの時代に多く誕生しており、例えばアメリカのマザーロードとも称されているルート66も1926年に誕生しました。他にはジャズ、映画などの大衆文化も大きく発展しディズニーアニメやチャップリンもこの頃登場しました。

また大量生産が始まったのも20年代であり、自動車王フォードが生み出した流れ作業による大量生産技術、月賦販売による消費者の購買意欲の向上等、アメリカは様々な要因により現代まで続く大量生産技術を生み出したのです。

 

 

 

アメリカに端を発する現代資本主義と大量生産。私はRedVelvetはあえて「アメリカン」という皮をかぶりそれを皮肉っている気がするのです。

 

 

 

例えば2015年の楽曲DumbDumbを例にとってみたいと思います。


Red Velvet 레드벨벳_Dumb Dumb_Music Video

 

主な舞台は少女たちのロボット(?)を大量生産している工場、もしくは人間がまるで機械のように働くオフィスです。

同じ服、同じ髪型で踊るロボットの少女たちに個はありません。

また衣装もなんとなくアメリカンな気がします。

f:id:hekenaikukou:20170704103613j:image

個人的にウェンディーズハンバーガーっぽいなと思いました。1929年にアメリカで誕生したハンバーガー店です。

 

また、同じく2015年のIce cream cake

f:id:hekenaikukou:20170704002625j:plain

f:id:hekenaikukou:20170704002634j:plain

 

この作品のミュージックビデオは実際にアメリカ、カリフォルニアまで出向いて撮影されました。

この撮影地が具体的にカリフォルニアの何処なのかはわからなかったのですが、カリフォルニアはかつて、先ほども述べたルート66が通っていたので古き良きアメリカの文化が色濃く残っている場所です。映像内に登場する道路ももしかしたら本物のルート66かもしれません。

ぜひルート66で画像検索してみてください。めっちゃICCです。 

 

 またICCのアルバムの収録曲、Automaticも非常に60年代的です。

 

 f:id:hekenaikukou:20170704110304j:image

f:id:hekenaikukou:20170704110613j:image

↑60年代活躍した女優のブリジット・バルドーです。彼女はフランスの女優ですが参考として載せてます。

 

この二作品も共通して衣装髪型髪色が似通っておりMV内の彼女達の個を認識できるような描写はありません。

 

 

またデビュー曲「Happiness」はコンセプトとしてアメリカを感じることはありませんが 例のごとく没個性です。前知識なしに見分けられたら偉業だと思います。

f:id:hekenaikukou:20170705111752j:plain

 

また歌詞の中で

 

이런 Money 저런 Power
こんな Money あんな Power
  

그것만 따 따 따 따라가다
こんなものばかり追いかけて

 

어른들이 짠해 보여
大人たちは胸が痛そう


그들은 정말 행복하지 않아
彼らは本当に幸せじゃないの

 

とあります。権力や富に執着する現代人への皮肉でしょうか。

 

また最近だと2016年の「RussianRoulette」ではこれまた60年代欧米風のコスチュームに身を包んだ無表情の少女たちが殺し合うという衝撃的なMVを公開したりしてます。またこのMV内には1930年代に米国で流行したカートゥーン風のアニメが挿入されています。

2017年「Rookie」でもICCやDumbDumb程わかりやすくはないもののティーザーイメージで何人もの彼女たちが「大量生産」されています。

 

長くなりましたが近年KPOPでは一人一人の個性が際立っており、ミニスカートの制服を着て、ありふれた恋愛を歌う清純で可愛らしい女性アイドルがそれこそ大量生産されています。最近では宇宙少女が宇宙らしさを捨ててチアガール(?)になっていました。

 

RedVelvetも可愛らしい服で恋を歌うという面では同じなのかもしれません。

しかし彼女たちの楽曲の中に男性への「媚び」は一切感じられません。好きな人を手に入れるなら殺しだってします。

 

アメリカンな大量生産の皮をかぶり、大量生産の現代社会を痛烈なまでに皮肉り、実は誰よりもヘンテコで個性的な彼女たちはまた、枠に収まることなんてないよ、と少女たちに投げかけているようにも思えます。これこそが彼女たちの女性からの支持率の高さの要因であり、また男性ファンの立ち入りにくさの原因でしょう。

 

女の子の、女の子による、女の子のためのアイドルRedVelvet。

 

彼女たちは7月9日に新曲を出すに先立ち先日ティーザーを公開しましたがここでも今までのようにレトロポップな衣装に身を包んでいます。そこに笑顔はありません。

またデビュー3年目でようやく初の単独コンサートの開催も決定したようで、ファンにとっては今までで一番暑い夏になりそうです。

 

初期に比べて没個性を強調することも少なくなり、個人仕事やバラエティなどでそれぞれ活躍することも増えてきて、このまま大衆に寄せてしまうのかと思いきや独自の路線を進み続けるRedVelvet。彼女たちがこの先どのように大衆を皮肉るか、今から非常に楽しみです。

 

f:id:hekenaikukou:20170705123306j:plain

 

 

参考文献

全国歴史教育研究協議会編「世界史用語集」山川出版 2014年

 

 

 

 

私が天使と出会った理由3

 

こんばんは。

自己紹介がてら始めたこの記事ですが何故かこんなにも長くなってしまいました。しかも遅れてすみません。

 

ですが本気で今回で終わります。やっと推しに出会います。今回の記事も長いので気をつけてください(?) 

 

前回の記事では腐女子かつ厨二病という最悪の症状に陥ってしまった私がいわゆる腐女子向けジャンルから足を洗い無趣味厨二病腐女子になった後いろいろあってにわかSuperJuniorオタクになったところまで書きました。

 

ここで突然の備考なんですがSJでヒチョルさんを好きになったところからも解ると思いますが私は生粋の面食いでございます。

しかも幼い頃からパタリロ!トーマの心臓風と木の詩など古典的な少女漫画と触れ合って生きてきたためいわゆるジャニーズや俳優に多い『イケメン』顔ではなくお耽美な『美形』顔が好みです。

 

中学校3年生(腐女子全盛期)の時の理想の人はエドワード・ファーロングでした。

ちなみに当時から現在まで私は橋田壽賀子ドラマ「渡る世間の鬼ばかり」の愛に似てると言われています。世の中は厳しい。

 

 

 

とまあこんな感じに良い塩梅でこじらせまくっていた私ですがある日好奇心で当時のEXOの新曲「CALL ME BABY」のMVを目にします。

 


EXO_CALL ME BABY_Music Video

↑CALL ME BABY

 

その時の感想

 

「…あれ?ダンスめっちゃうまくね………?」

(SJは基本あまりダンスが得意なグループではない)

 

しかし私はこの間まで腐女子だったもの、この程度の誘惑では心揺らぎません。

「メンバーの顔見分けつかね〜な〜!この真ん中のひと5人くらいいない?今ものっそいタイプの人がいた気がするけどすでにどこに行ったかわからないわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜プリン食べよう」

みたいな感じでした。EXOきってのイケイケ楽曲CMBでは熟成しきったオタクの心を完全に捉えることはできなかったのです。

 

 

 

しかし私はまだ知らない、EXOが芸能界きっての顔面二次元厨二病アイドルだということを……………………………………

 

 

そんな感じで元気ににわかオタクとしての義務を果たすべくTwitterを漁っていたある日、私は一枚の写真を目にします。

 

f:id:hekenaikukou:20170606083047j:image

 

 

「……………………なんだこの幽玄的美を持ち合わせた美少年は………………… 」

 

 

 

私の完全に鍛え抜かれ無駄にレベルが上がりまくっていた美少年レーダーがエドワード・ファーロングビョルン・アンドレセンに出会った時並みにビービー鳴りまくりました。

しかも相手はアジア人、こんな事は初めてです。

 

突然のことに私はすかさずGoogleやらTwitterやらで「EXO セフン」で検索しまくりました。

 

するとまあなんてこった、私の理想であるただ顔の美しさ、身体の線の細さだけでなく独特の空気感、儚さやら脆さやら影の差した憂さげな目元やら、まあ他にも色々あるんですがそんなものを全て持ち合わせた美しい人がずらーーーーーーっと画像欄に並ぶんですね。

 

しかも動画とかみてみると何故かやたら幼いんですよ。

この子赤ちゃんとか言われてるけど意外と悟った所もあって、だけどやっぱりなんていうんだろう、本能的に愛され体質というか何をしても愛らしいんですよ。この氷のような美貌の顔で。 

 

 

しかも彼の事を調べると出てくるEXOというグループのなんと美しい事。

顔はもちろんとしてキャラクターのバランスの良さ、どこかアンニュイで少年的な雰囲気、そしてその意味わからん(未だによくわかってない)超能力だの宇宙人だのとかいう謎設定、EXOというグループが持つ全てのものが私のオタクのツボをガンガンについてきたんですね。

 

もう私のオタクの本能が黙っていませんでした。EXOの考察ブログとか死ぬほど検索して読みまくりました。無駄に聖書とかに詳しくなりました。アイドル追うのに二進法の知識とか求めてくるSMはクレイジーで最高だと思います。その他も色々クレイジーだけど。笑えない。

 

 

 

そして今があります。

 

 

産まれた時からオタクの星のもとに誕生した身なのでご覧の通り毎日元気にせふんちゃん、基い彼の愛するEXOこメンバー達の幸せを願い毎日彼らに美味しいご飯を食べてもらうためのATMとして活動しています。

 

お金はないけどせふんちゃんが幸せなら私も幸せで〜〜す!!!!!!!!!!(嘘です)(毎日昼食がサラダチキンで死にたい)

 

 

 

 

やっと終わった・・・最後のほう滅茶苦茶投げやりで本当申し訳ないです。

 

このブログはいつかセフンちゃんとEXOから離れる日が来るかもしれないけどその日が来るまでEXOや他のアイドルやそれ以外のことものんびりと更新し続けたいな、と思ってます。

 

こんな誰得でもない記事読んでくださり本当にありがとうございました。これからも読んでいただけると嬉しいです。

 

それでは〜

 

 

 

 

私が天使と出会った理由2

こんばんは。

 

前回のブログで自己紹介代わりに現在バイト代の3分の2を投げ打って応援しているEXO、もとい推しのセフンくんとの出会いについて書こうと思ったのですが思いの外長くなってしまいセフンのセの字も出ずに自らの腐女子語りで終わってしまいました。

今回で終わると思います。多分。自信はない。

 

 

さて前回のブログではヘタリアにズッポリハマり毎日pixivで「カップル 作品名100users入り」と検索しまくる典型的腐女子ライフを謳歌していたところまではお話ししましたが今回は私の性癖?趣向?について少し語りたいと思います。

 

前回私はパタリロで育ったと書きましたが少女期の私に多大なる影響を与えた人物がもう一人います。

 

種村有菜先生です。

 

「うわ〜〜〜〜!!!!!!!!!!」と思った方も多いでしょう。そうです数々のいたいけなりぼんっこを厨二病a.k.aイタイ勘違い女子に仕立て上げたあの悪名高きありなっちこと種村有菜先生です。

小さい頃からパタリロを読んでいた私は当時主流だった幼馴染と生徒会長の間で揺れてる私…とかお隣に住んでる男の子と恋に落ちちゃった…!的な「主人公の半径5メートル以内で全部解決するだろ」みたいな規模の小さい少女漫画にはときめけなくなっていました。

 

そんな時に出会ったのがありなっちでした。世間を斜めに見ていた私にとってりぼんの一番後ろの方に乗ってる異色を放つイラストととんでもない設定の漫画は衝撃的すぎました。紳士同盟クロスが一番好きでした。詳しくはググるかそこらへんにいる元りぼんっこに聞いてください。(丸投げ)

 

 

このような経緯を経て厨二腐女子というとんでもモンスターに成り果てていた私はだんだん凝りに凝った世界観を追い求めすぎて腐女子向けに作られたコンテンツの世界観では満足できないようになって行きました。こうなったら二次創作だ、と言わんばかりにpixiv検索の手を早めますが如何せんファンの創作なので限界があります。最終的には自分で小説書いたりしてました。ユーキャンコールミーモンスター。

 

そんなことをしているうちに徐々に二次元、腐女子向けへのコンテンツへの関心は薄れ一時期はポーの一族やらベルサイユのばらやらぼくの地球を守ってやらを読み漁ったりしてました。これも長くなるからまた書く。

 

その後腐女子市場から離れて行った私は部活が忙しかったこともあり何に熱中することもなく適当に乃木坂46ハマったりしてました。生田絵梨花ちゃんには20代中盤に乃木坂を卒業した後売れっ子の舞台演出家と結婚してその後は舞台女優として幸せに生きて欲しい。

 

そんなオタクとしてあるまじき生活をしていたある日、一人の友人が言いました。

 

「ねえふきこ、スジュのライブ、行かない?

 

 

 

私の新たなオタク人生スタートのゴングが鳴り響きました。

 

スジュとはこのブログを読んでるみなさんならお分かりだと思いますがかの少女時代や東方神起、そして私の愛するEXOが所属する韓国最大の事務所SMEntertainmentのアイドル、もといプロの芸人集団です。

 

思春期の通過儀礼のジャニーズにも脇目をふらず二次元の男のみに目を向けていた私にとってKPOPは未知の世界すぎました。少女時代やらKARAが流行した時も元気にありなっちファンをしていたのでKPOPについての知識は「あ〜ジーなら歌えるよ?KARAの曲だよね?」レベルでした。

 

しかし当時抜け殻のように生きていた私は友達が同行者探しに困っていたこともあり二つ返事でOKしました。

 

 

そんなこんなでメンバーの顔を無理くり一致させて最新曲だけ聞き込んで行ったコンサート(のライブビューイングだった)でしたが…

 

 

めっちゃ楽しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

え?KPOPってこんなにレベル高いんだ、ていうかなにこのロン毛の人めっちゃ美人なんですけど え?キムヒチョルさん?なになに趣味は女装・・・ってそんな人間が三次元に存在するんか〜〜〜〜〜い!!!!!そんなアホな・・・ってレベル高〜〜〜〜!!!!ミスユニバースやんけ!!!!!!ていうかこの人たちなんでコンサートなのになんでコスプレしてるんだろう・・・面白い・・・だがしかし歌がうめえ・・・なんてこった・・・

 

 

 

 

とにもかくにも初めてすぎる体験(ライブビューイングですが)に衝撃を受けた私は無事宇宙大スターヒチョル様に落ちKPOPオタクとしての第一歩を踏み出したのです。

 

そこからは早かった。友達にスジュのCDを借りまくり聴きまくる。キムヒチョルさんの写真をTwitterで検索し保存しまくる。私のカメラフォルダは女装したキムヒチョルさんで溢れiPodには読めも聞き取れもしない韓国語の曲が並んでいました。

 

当時EXOもすでにデビューしており認知していましたが、脱退やらなんやらで荒れに荒れまくっていた頃なので安易に手を出せる感じのグループではありませんでした。当時部外者だった私からしてみたら問題児グループと群がる狂った獣たち(ファン)にしか見えなかった。当時に比べたら落ち着いたよ。ほんとに。とか言って記事書いてたらさっきカイスタルが破局してました。そろそろ安寧が欲しいです。切実に。

 

 

以上のようにKPOPにイントゥザニューワールドした私ですが見てお分かりのように当初はKPOPというよりかはスジュのにわかオタクでした。ヒチョルさんの写真も9割がた女装写真だった。ごめんなさい。

 

 

 

しかしそんなある日、後に私の人生を大きく変える一枚の写真と出会います。それが今現在私が愛してやまないEXOの聖なる末っ子でありマイエンジェル、オ・セフンくんの写真だったのです。

 

 

 

 

うわ〜結局前回より長くなった上に終わらなかった。でもセフンという文字が出てきただけでも評価して欲しい。

本当に申し訳ないです。次で絶対終わります。多分。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

それでは〜

 

 

 

 

 

 

 

 

私が天使と出会った理由1

はじめまして。Twitterを見てくださっている人はこんばんは。

まかろに改め、ふきこです。

改名に特に意味はないのですが前のニックネームに飽きたので変えました。

 

ブログを書くのは初めてなのですが最近夢のマイパソを手に入れたのと140字では収まりきらないポエムを読みたくて仕方ないので初めてみました。なので恐ろしくイタくてポエミィなブログになると思いますが嫌な人は見ないでください。

 

初めてなので自己紹介をしようと思います。

年齢は詳しくは言えませんが都内在住の大学生でヨーロッパの歴史についてお勉強しています。タイトルでお分かりのとおりオタクなんですが専門(?)は何かと言いますと現在はKPOPでございます。中でもEXO、特にセフンくんを応援させていただいております。

 

 

今回は二次オタクソ腐女子だった私がいかにして三次元の、しかも隣国のアイドルを好きになったのか語らせていただきます。

 

先ほども書いた通り私はKPOPに出会う前は筋金入りの二次元オタク、もとい腐女子でございました。なぜ腐女子になったかってそんなの生まれつきだわい、とも思うのですがきっかけはパタリロ!という作品のせいだと思います。

 

f:id:hekenaikukou:20170530211403j:plainパタリロよりバンコランとマライヒ

 

この作品は1970年代に連載が開始し今尚連載が続けられているスーパーご長寿ギャグ漫画なんですが登場するキャラクターが9割型同性愛者の男性という今の時代なら絶対連載許可もらえないだろ…というようなとんでもない作品です。

今も連載が続いているのは偏にその破滅的な面白さのおかげだと思うほど腹抱えて笑える素晴らしい作品です。

 

説明すると長くなってしまうのでどんな作品か詳しく知りたい方は読んでいただきたいのですが、そんな漫画が小さい頃からお家にあった(かつて同居していた叔母の趣味)私は男性同士の恋愛というものになんの偏見もなく、そして萌えを感じるようになるまですくすくと育っていきました。

 

そんなこんなで腐女子になるための英才教育を施された私はある日出会ってしまったのです。

 

ヘタリア

 

説明するとハイパー長くなるのでめちゃくちゃ雑に概要だけ説明しますが簡単にいうと世界の国々を擬人化したギャグ漫画で男同士がだいぶイチャついたりする、別名この年代の腐女子なら通って来てない奴はほぼいないハイパー腐女子育成キットの最終兵器です。

 

もうハマらないわけがありません。中2で出会ってから沼にズブズブと浸かり高1までの約三年間の青春をヘタリアとともに駆け抜けました。薄い本も買いました。味覚音痴コンビの同人誌を抱えてアニメイトのレジ列に並んだあの夏の日を私は忘れない。

 

ちなみに今西洋史勉強してるのは間違いなくヘタリアの影響です。腐女子ヤバイ。

 

そんなに熱を入れて追っていたヘタリアですが熱が冷める日って来るんですよね。特に何かあったわけでもなく自然な感じで卒ヘタクラしました。まあ今も西洋史専攻するくらい好きだけど。そこらへんはまた今度書く。

 

その後巻島裕介くんという新たな推しに出会ったりしてましたが長くなったしまったので次で書こうと思います!

 

やべえこんなに長々と書いたのにまだセフンちゃんのセの字も出てこねえ!セフンちゃんの美しさを綴るためにはじめたブログなのに!

 

自己満足ブログですがここまで飛んでくださりありがとうございます。

こんなんでよかったら次回も読んでください。

 

それでは〜